0 C
Warsaw
日曜日, 1月 21, 2018
タグ PMA

タグ: PMA

Podcast #2 今すぐ日本を脱出? ハイパーノマドのとは?

本日2本目! 友人の"Piroshiki"さんが出演してくれることになりました!iYuta Podcast #2 今すぐ日本を脱出? ハイパーノマドのとは?

Podcast #1 Give And Takeとメンタリティーの話 Spread Love

 iYutaの初のポッドキャスト! 今までYouTubeでは出来なかった踏み込んんだ話をここでしていこうかなと思ってます。Podcast #1 Give And Takeとメンタリティーの話 Spread Love

[Q&A] ナンパは度胸?!? [iYutaのアンサー]

先日知人がタイトルのにある、"ナンパは結局度胸”だ! と自分に力説してくれました。この件について自分のチャンネルでもよく質問があるので、 ここで応えたいと思います。結論から言いますと、 ”そうでもあり、そうではない” というのが自分の考えです。もちろんナンパ(女性を口説くという行為。ここではゲームはデイゲーム、ナイトゲーム問わず) において”度胸”というのが重要な構成要素なのは間違い無いでしょうが、 ゲームをする上で(そして上手くなりたいなら。) 度胸とはナンパを構成する”一つの要素に過ぎない”と早めに認識するべきです。 度胸だけで出来る物では無いです。 もちろんゲームテクニックだったり、 コミュニケーション能力、 語学力、(ナンパするときに使う言語ですね) 魅力、 状況を読む力、 相手を理解する能力、 (上記の二つは自分がいつもカリブレーションと呼ぶ力です。生放送で使っています。) 運と少々のお金。 (状況によってはこれ以外にもいろんなものが使えますね。例えばスマホとか)つまりですね、 総合力の勝負なんです。 これをテニスで例えるなら、 ”度胸”とは精神力ですね。でもそれだけでは勝てないのは明白です。 (そりゃあそうですよね、精神力だけで勝てるわけない。。) しっかりサーブ、レシーブ、 ストローク、ボレーとうの練習をすること、 戦術的な練習、 セオリーを覚え、 道具の管理、 体調の維持、 相手の癖や、得意なところ苦手なところをしっかり分析できる力、 状況をうまく使う力(サーフェス、コート状況、風向き等) 運と少々の(もしくは巨額の)お金、 と枚挙にいとまがないですね。自分も結構熱くなりやすいし、 度胸や情熱や感情等の、 精神論的な話は大好きなんですが、 それだけではゲームをしようとは思わないですね。つまり、度胸はナンパに重要ですが、 それだけでは究極的にそして最終的に、 ナンパは成立しない。 したがって、”そうではない”。ただし、 大変重要な1要素なので”そうである”、 と言えるわけですね。しっかり学び、 実戦で練習することが必要ですね。それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。セミナー、グループレッスン、ブートキャンプの、 応募していただいた皆さん、 ありがとうございます! まだまだ受け付けていますので、 iyutachannel@gmail.com までご連絡ください。それでは良い一日をお過ごしください!Yuta旅好きな方エアビ(Airbnb)のクーポンどうぞ!-->あと、ベルギー旅行中に撮った口説き動画Up遅れたんですが、 昨日あげました! もしよろしければ見てみてください。 自分は少しワルシャワとはゲーム変えています。どこが変わっているかわかるかな〜^^

iYuta大統領に会う!

すいません結構久しぶりの更新です!もうポーランドに戻ったんですが、スロベニア旅行のことについて。スロベニア旅行三日目。この旅は自分の中でもすごくいいな〜って思っていたんですが、どんどん良くなって来て。この日は旧市街でぶらぶら友達にガイドをしてもらってたんですが、 夕食の時間が近づいてくるにつれお腹も減って来ました。 友人の行きつけの店があるということでそこに向かっていたんですが、 あまりに遠くて足が痛くなって来ました。 (もし知らない方がいましたら-->Instagram Pic) 自分は今年膝の手術をしたのであまり歩けません・・・ ぱっと見でいい感じのレストランがあったので入ってみました。 スタイリッシュで良い雰囲気だし、何より値段がリーズナブルでした!レストランは旧市街の近くにあり劇場の目の前です。 ホテルの一階にあります。前菜3.50ユーロ、メイン8.50ユーロ(一律です) 自分はグラスでワインを頼み2.80ユーロでした! ここはやっぱりスロベニア!安い! 写真を見てあれ?って思った方。イタリアンレストランです!下の動画は大統領が隣の席で座っているのを発見した時の僕たちのリアクションです。 彼はたまたま隣のテーブルで夕食中で、 自分はまず取り巻きのボティーガードに 写真を一緒に撮ってもらえないかと聞いたら、 快く承諾していただきました! https://www.youtube.com/watch?v=a20FGd2lY7s 読んでいただきありがとうございます! それではまた! Yuta

今年の計画 セミナーレッスンやブートキャンプ

こんにちは、2週間前くらいからですかね、 セミナーやブートキャンプをしますとYouTubeの生放送で、 告知してから。今日までたくさんの方から メールやメッセージいただきました。希望して頂いた方 ありがとうございます。 (おそらく今日の朝の時点で全ての方に返信し他と思います。)またこれから希望される方、 常時受け付けますので、 ご応募お願いします。簡単に説明しますと、 海外の生活のこと、 言語のこと、 旅のこと、 マインドセットのこと、 そして何と言ってもメインは ナンパのこと、 です。それらを僕から学びたいという方がいらっしゃいましたら、 ご連絡ください。Facebook, twitter, instagramのメッセージからも受け付けます。よろしくお願いします。Yuta  https://www.youtube.com/watch?v=tkZDNb7OK_g

旅がさらに安く快適に!(Airbnb)

皆さんこんにちは、 足を怪我したトラベラーYutaです。 (最後に旅を安く快適に過ごせるためのクーポンのリンク貼って置きますので、是非最後までお読みください!)ヨーロッパに戻り早一月半、 日本で怪我をし - 入院 - 手術 - 退院しても通院でリハビリ - の歩けない時期を経験したせいの反動なのか、 水を得た魚のように、五月はベルギー&ドイツ旅行に行ってました。 六月はちょくちょくポーランド国内のイベントに行き、 ワルシャワ市内に旅行に行ってました。 (今ワルシャワに住んでいないので・・)ベルギー&ドイツの動画↓↓↓https://www.youtube.com/watch?v=YwIpnKn8xLMhttps://www.youtube.com/watch?v=_iSn3Drn9Sw最近知人に教えてもらいAirbnbデビューをしました。  このサービスは以前から名前は聞いたことなかったんですが、 ”人のアパートをまた借り”するというコンセプトが、 ちょっと・・って感じで利用はこれまで0だったんです。でも、その方の熱意と、 利便性は今やホテルより上! ということを聞き、早速使ってみました。そうすると、ホテルより安いし、 (ヨーロッパではとりあえず)立地もホテルより良いものも多いんです!人のアパートを借りるんですが、 物件によってはビジネスとして運営されている方も多いみたいです、 アメニティーも充実したのも多いです。  (今回の記事はAirbnbのステマではないです!! Airbnbさん企業案件お待ちしていますよ!) 先週末、用事でワルシャワに滞在しましたし、 今週末も別件で泊まります。あと思いつきでスロベニア旅行も七月に入れました。 (こちらはAirbnbからのクーポンで、 実質タダで予約しました!!!ちょっと色々あって、クーポンを多くいただいたので^^)とまあ、これから旅をする人の強い味方になること間違いなしのAirbnb、 使わない手はないですよね!私の方からも初回旅行が無料になるクーポンのリンクを貼って置きますので、 興味がある方はぜひ使ってみてください。--> iYutaからクーポン(事前に大家とのやりとりをして予約するか、 インスタントブッキングなるものがあります。 私は一度インスタントブッキングで予約した大家から、 当日ドタキャンされましたが、 サポートチームに電話をし、 次の物件を見つけ無事宿泊しました。 またその件で、クーポンも頂きました^^)これからも旅を安く、そして快適に過ごせる方法を見つけたら、 記事で投稿しますね!もしみなさんも何か良い方法知ってましたら、 facebook, twitter等で教えてください! それでは失礼します。Yuta*注:もちろん個人のとやりとりなので、そこで発生する問題被害等しっかりご考慮ください。 また私(Yuta)はいかなる場合も一切責任を負いません。 あらかじめご了承ください。 

ポーランドは本当に美人だらけなのか?

みなさんこんにちは、Yutaです。タイトルにある通り今日はポーランド美人の話をしたいと思います。 なぜかと言うと、 この質問は本当に多くいただくので、 どこかで一度僕の考えをまとめておこうと思ったからです。去年も実は少しだけ触れたんですが、 今年はさらに一歩踏み込んで書いていこうと思います。去年の記事:ポーランド美人自分の結論から言ってしまうと、 ”美人の方もいらっしゃる” と言ったところだと思います。これはどこまで言っても、 ”美人”と言う概念自体が どこか主観でしかないからです。自分の考えに限ってみると、 美人が多いと思います。 ただ、見る人によって、 何とでも言えてしまう脆弱性をはらんでいることも否定出来ないでしょう。ここで少し時系列を立てて話す必要があると思います。 なぜなら、僕はここでは外国人。 この国にはゲストとして数年前に初めてやってきて、 その間にも考え方が変化してきたからです。初めてきた時、僕はまだフランスのパリに住んでいて、 夏休みに旅行とポーランド語の夏期講習に参加を兼ね、 1ヶ月ほどクラクフに来ました。初めてくる国なので、 色々興奮しましたし、 目につくもの全てが真新しくて良く見えました。 もちろんここではポーランド人女性も例外ではありません。 見慣れたフランス人女性とは違った顔立ち、 服装、歩き方. 彼女たちが話す言語、アクセント、リズム、 笑顔、フェイスエクスプレッション、ボディーランゲージ、 髪型、タバコの吸い方、距離感、etc. 枚挙に遑がないほどでしょう。つまり僕は極めて個人的に”彼女たち”に感激してしまいました。 (変な意味じゃなくね) 前例のない故の衝撃 - まさに旅をする醍醐味だと思います。  ただ、あれから早4〜5年、 ワルシャワに移住してから1年以上が経ちました。 ここに住み毎日ポーランド人女性に会っていると、 これがデフォルトになってしまい、 かつてのような新鮮な衝撃を体験することは、 事実的に難しくなってしまいました。 そうです、”慣れ”てしまうんです。 (こんな風にくくってしまっては聊か失礼かもしれませんが。。) 個人的にはこの”慣れ”と言う感情はできるだけ排除したいタチです。 ”慣れ”てしまうってことは、 新しい発見や学ぶことが少ないってことだと思います。慣れるが故に日常が単調になり、 日々の生活では単純化と言う歪曲が生まれかねない。そう言う悪循環から救ってくれるのも、 ”旅”をすることだと思います。事実、先月ベルギーとドイツを旅した時に、 そのような体験をすることができました。両国にはもうすでに何回か行ったことがあったんですが、 久しぶりに行ったので、 ここ、ワルシャワよりはるかに新鮮でした。 周りに美女が溢れているんじゃないかと、 錯覚してしまう。 いや、美女が多いと思いました。実際。と言うわけで、美人は多いと思うけど、 自分には”多いです!”って断言できるほど色々な国を回ったわけではないので、 これからも旅をして、色々調べて行きたいです。と言うか、もしかすると知れば知るほど、 分からなくなるのか・・・主観的である以上、 個人の好みに左右されることなので。でも今年は旅をたくさんして、 それを発信するので、 ナンパ動画同様暖かい目で見守って頂ければ幸いです。それでは最後まで読んで頂きありがとうございます。YutaYouTube: iYuta Channelhttps://www.youtube.com/watch?v=6gwRB7Ky4Kc&t=922shttps://www.youtube.com/watch?v=YwIpnKn8xLM https://www.youtube.com/watch?v=_iSn3Drn9Sw

Japan Tag は想像以上にやばかった!

皆さんこんにちは、Yutaです。”今更かよ?!”って思われるかもしれませんが五月二十日に行われたJapan Tagについてです。動画2本と会場から生配信と3本立てでお送りしたんですが、 それでも会場の熱気やパワーがしっかり届けられているのかと、 思えるほどのイベントでした。僕が今まで行った”日本”関係のイベントでは間違いなく規模は一番大きかったと思います。https://www.youtube.com/watch?v=YVovJWmYhA8街の中心から西側のライン河沿い一帯を使ってのイベントで、推定ですが、50万人きたとか・・”日本”というコンテンツのパワーも改めて確認できました。個人的にやはり海外の人がどういう風に”日本文化”にふれあい、 それを人生の楽しみとしている様子に、 感動しましたね。動画見逃してしまった方、もう一度見たい方、 リンク貼っておきますのでよろしくお願いします。それではYuta パート2,花火の映像もhttps://www.youtube.com/watch?v=LNEXqD_mlAI

ベルギーのブリュッセルは楽しい街

皆さんこんにちは、怪我してもトラベラーのYutaです。 ベルギーについてから2日が経ちました。こんなにも面白い街だとは来る前は知りませんでしたね。 すごく自分向けの街だと思います。まず第一にフランス語が通じること。 コミュニケーションの部分で不自由がないということは 大変過ごしやすいです。次にとてもインターナショナルな街だということに気づきました。 国際的な機関等が沢山あるし、 街を歩けば観光客も沢山。 地元の人も外国人に寛容で、興味があるようで、 会話も弾みます。あと何と言っても安全でしょうか。 昨夜、自分のスマホで一時間以上も街中で生放送やっても 大丈夫でしたね。(あまり他のヨーロッパの街ではやりたくないけど、ここでは大丈夫。)あと数日ブリュッセルに滞在するので、 この街の面白いところをどんどん発信していきたいと思います。YT,FBのコメント等でどんなことが見たいか教えてください。それでは失礼します。Yutahttps://www.youtube.com/watch?v=lNliPJUVl6Ehttps://www.youtube.com/watch?v=MkaoKs_L5m4&t=25s

YouTuberが影響力を行使する?メディアvsネットはどこまで行くのか?

皆さんこんにちは、足を怪我したトラベラーYutaです。皆さんは”はじめしゃちょー”や”ピューディーパイ(PewDiePie)”というYouTuberをご存知でしょうか。 はじめしゃちょーは日本のトップYouTuberhttps://www.youtube.com/watch?v=uWLLUpgWdxIPewDiePieはYouTubeのトップ。https://www.youtube.com/watch?v=lwk1DogcPmU&t=20s二人とも"YouTube”というコミュニティーを代表する存在と言えるでしょう。自分はお二人とは面識はありませんが、個人的に好きだし、動画編集や発言等、 もちろん個人差はあるものの、好きなので見ています。なんでこの二人の名前を出したのか、 今年に入り2人はメディアで叩かれたことに関して記事を書こうと思ったからです。 (ここでは二人の”騒動”については詳しく言及しません。自分の本題とは逸れているので。興味がある方はググってください。)簡単に書くと前者は”浮気騒動”後者は”人種発言騒動”でした。問題という形でメディアに出てきましたが、自分はメディアのこのYouTubeが悪い時に叩くというやり方に疑問を投げかけます。YouTubeの良いところ、YouTuberの良いところよりも 何か問題が起きてそこを集中的に叩く。 自分はこれまでもYouTubeを始めネット媒体全体に対して テレビ、新聞等のメディアの対立の縮図には疑問です。前者については動画である程度認め、 本人も自粛等の措置を取っています。。後者は動画で自分は人種差別的ではなく、 あくまで人種差別をテーマに扱った、 それを解釈を曲げられて報じられたと動画で出しました。 (上の動画がそうです)少し時間をおいて記事を書く理由は騒動の直後は、 自分の考えがまとまりきらなかったからです。ネットで、そしてメディアで色々な議論がこの件について交わされてきましたが、 自分としては違った切り口で書く必要があると思いました。YouTubeのコミュニティーに属するものとして。まずはこの二つの騒動が日本とアメリカ(PDPはスエーデン人ですが、アメリカで人気ですね) という比較的に社会的成熟した場所で出てきた点。こういった社会では、消費者(YTの場合は視聴者)は 常に供給側に社会的(そして文化的)に挑戦したがります。 社会的に(そして文化的な)意味を求めます。特に新しさというインパクトが。 そこは高度に差別化された世界。 二人のようなトップYouTuberにはブランドイメージというものもありますし。余談ですが、自分は大学では国際経済学を大学院では社会歴史学を専攻してきたので、 こういうのはものすご〜く興味があります。(学生時代の成績はここでは言えないけど・・w)当時は自由主義的考え方に理想を覚えミルトン・フリードマンとか読んでいたので、 企業のメセナ活動とかにも”どうかな〜”って思っていました。 今は一定の許容的見解になりましたが、 やはり明らかな租税控除を狙ったメセナにはやはり否定的にならざるを得ません。 (社会的価値の補足として。この考え方はフィリップ・コトラーの影響が強いかもw)注目するべきなのはネットという比較的”新しい”媒体に対して テレビや新聞等の”既存の”媒体が危機感をむき出しにして ある意味では”攻撃してきていると自分には思えるからです。なぜ媒体同士で潰し合う必要があるのか?それは(おそらく)限定されている消費者の奪い合い、(と考えているから) そしてこれから来るべき超高度情報化社会でさらなる激化が予想されるからでしょう。 でも、共存は? YouTuberがメディアを正面立ってから攻撃したりすることはあまり聞いたことがありません。 (もしかしたらあるのかもしれませんが・・・真正面からはあるのか・・?)新興勢力が出てきたら、既存の勢力が反対するのはどの世界でも そして歴史上でも繰り返されてきました。 なぜ繰り返されるかというと、勢力図つまりパワーバランスが崩れることを恐れてのことでしょう。 つまり、YouTuberを始めネットで発言できる人の影響力を恐れるから。 ここで一言申し上げておきますが、自分はテレビや新聞に否定的な考えを持っているわけではありません。(もちろんテレビと新聞が全く違った媒体だということも理解しているつもりです。)自分はテレビや新聞はネットよりも社会的使命や文化的影響力が大きように思えますし、 情報の信頼度も上だと思っています。 (現時点では)それに彼らは組織で動きますから、 僕ら、ネットが真似出来ない様な人員やお金を投下することが出来、 大規模なプロジェクトも創ることが可能です。(ああ羨ましい・・違うか。)あと忘れてはいけないのが 災害時等に避難場所の伝達等。 これには、ただただ関係者の尽力に感謝するばかりです。それに、とくダネ等の真実を白日のものに晒す努力、 きっとそこには正義感や社会的使命もあるのでしょう。しかし、組織で動くが故に意思決定に時間がかかり情報伝達に遅れが出たり、 彼らも人間ですので誤報等が出ることもあります。かたやYouTuberやネットで配信する人は、 (プロジェクトの大小に応じて、組織化することもありますが) 個人で動く人が多い。 なのでより高度に自分の発言をすることが可能で、 欲求実現能力も高い。 また発信するまでに時間が短く済むことも利点です。だた、個人で発信できるので主観的になりすぎたり(ああ・・耳が痛い) 検証が短いので誤報が多いことも言えるでしょう。また余談ですが、自分はパリの同時多発テロの時に現場にいて、 ネットの(偽)ニュースでテロの翌日やその翌日、 いきなりバスやメトロ等のインフラが止まったり レストランから客が一目散に逃げ出すといった光景を目の当たりにしました。フェイクニュースという虚偽のニュースを流す輩がいるんだそうです。そういった状況下では情報が錯綜しやすくなるので、 ネットのフェイクニュースの影響で、 正しい行動を取りにくくなってきたかもしれません。 社会が力をなくすと広告はどうなる?↓ 災害時の情報伝達の話をしたので。皆さんは東方の震災時に広告が新聞やテレビから消えたのを覚えているでしょうか。 (あの時、何もできずに無力感を覚えたのはきっと自分だけではないはず。)そんな時に現地に入り報道した、 メディアの力を改めて確認しました。ですが、そのあと起こった”買い控え””広告自粛”。 これから起こった現地への経済的打撃。その後、時間をおいて 復興のために積極的にものを買うという流れがありました。 企業による社会貢献の力を再確認しましたが、 一時的に起こった”広告自粛”。 広告がつかないと資金調達に難が出るのは、 ネットもメディアも同じ何でしょうか。 (ネットの方が直撃しますが。。)そうすることで被災地に二次的・三次的被害を出すことは避けるべきと私たちは学びました。 上記で書いたんですが、 どちらの媒体も完全ではない。 故に脆弱性が出てしまう点がある。 その点を補填できるような平和的共存。 そんな未来がくればいいですね。 上記のYouTuberのお二人に対してメディアで大変な叩かれ方をしたのを見て、 色々考えさせられました。自分も結構叩かれる方なのでね・・自分は言いたいことがあって記事を書いたり、 YouTubeに動画を投稿しています。 そういえば昨日久しぶりに”口説き”動画UPしました。まだ見ていない方は是非!https://www.youtube.com/watch?v=n5v47a38eGcそれでは長文最後まで読んでくださりありがとうございます!メッセージ、DMとうはフェイスブックもしくはツイッターでお願いします!それでは失礼します!Yuta花見に行ってきました。現地から生放送しました。https://www.youtube.com/watch?v=_9FEfOgtDsA今年の日本祭りまであと一月切りました!去年の貼っておきます!https://www.youtube.com/watch?v=F3zbTRiAx04