3 C
Warsaw
月曜日, 12月 18, 2017
タグ Paris

タグ: paris

iYuta Travel #6:ヴァンデ県って何が違う? Vendée Isn’t France??

This is still from my trip to France. Sorry, but I didn't have much time in the trip and when I came back to Poland,...

クレージーな時代に生きるクレージーな生き物。

 こんにちは、世界に恋するコンテンツクリエーター、Yutaです。タイトルの”クレージーな時代に生きるクレージーな生き物。”とは自分が前に ”ポケモンGOでナンパ”の動画を撮った時に、 ある女の子が”そんなのクレージーよ”言った返しに 咄嗟に言った一言なんですが、その通りだと思います。 いい意味でね。高度に情報化された社会では既存の概念では太刀打ちできなくなってきている、 と感じることが多々あります。 もちろん既存の概念が本質をついていれば良いんでしょうか、 価値観とかも変わってきていますしね。なんでこんなことを思ったかというと、 入院していた二週間の間に色々なことが変わっていて、 すごい時代になったな・・ と痛感させられたからです。ネットなかったからメールもチェックできていなかったので、 とりあえずまずはそこからかな。それでは最後まで読んでいただきありがとうございます!自分はYouTubeに動画を投稿しています。 宜しければ見てください!それでは!Yuta https://www.youtube.com/watch?v=lEheMAff0iEhttps://www.youtube.com/watch?v=DBc-LEridI0&t=404shttps://www.youtube.com/watch?v=Qa-wXW1MQts&t=341s

今すぐやろう!

こんにちは、Yutaです。いよいよ、今年も残す所あとわずかですね。今年は色々なことに手を出し、様々なジャンルの人に出会い、色々自分で頭使って行動して来ました。 なんだか違う人間になった感じがするし、内容が濃過ぎで1年なんですが感覚的に10年くらいに感じました。(まじで)お世話になりました皆様ありがとうございました^^この変化は今まで超出不精、軽い対人恐怖症だった昔の自分からは想像もできなかったし、 地元に帰って来てもその変化に驚いています。 (動画あまり関係ないです><) で、本題--> そう言う風に今までなりたかった自分になることによって今まで見えてこなかったことも見え始めましたね。今の自分は思い立ったが吉日ということで、 まずやってみる というスタンスです。去年まで(YouTube始める前までは)自他共に認める”先延ばし症”でした。ですが今では、もうアイデアが出たら今すぐやるようにしています。 (外的、内的理由でできない時は最低メモを取るみたいな・・・これは要改善)なんでこういう風に変化したかというと、やはりこの一年色々なPMAの本を読みまくったのが大きいですが。そういう本浦読んだことがある方ならお分かりの通り、アイデアってすぐ消えて(忘れ去られる)しまうから。だからですね、 ”年が明けたら”とか”来年の抱負は”って遅すぎると思っています。  今すぐやりましょう! ナンパだって上手くなりたかったら、今日街に繰り出すんですよ!ってことで、なんでも今、今日からチャレンジしましょう。 でもブログ更新結構空いてしまいました・・これも要改善です・・(反省) 最後まで読んでいただきありがとうございます。それではまたお会いしましょう!Yuta 

日本はやっぱりすごい

こんにちは、Yutaです。YouTubeでお伝えした通り日本に帰ってきました〜(一時帰国ね) とりあえず美味しいもの食べ過ぎてやばい・・で、やはり色々は発見がありますよ。 (逆に。面白いですよ。)まあまず、ポーランドから来てトイレに驚きますね。 これからスキーの道具を用意してスキーに備えたいと思います。 前回もお伝えした通り、これから1~2ヶ月はYouTubeのiYuta Channelはスキーちゃんねるみたいになるかもしれません。 そのあとはまた旅とか、ナンパに戻りますので^^それではみなさん、寒いですがご自愛ください。Yuta

毎日走る意味って? 習慣化で語学が身につく? / Why You Should Run Everyday? Good Habits Will Get...

情熱が全てではない!  こんにちは、Yutaです。 マラソンを走ってもう一週間が経ちました。 水曜日には足が復活してきたので、テニスとかランニングとか再開したんですが、まだ完全に回復していなかったみたいで、また痛み出しました。(なんで??) 上記に書いてある通り、”情熱が全てではない”ってことについて。↓ これもPMA的にいってますよ!てかすごい腫れている??  少し脱線しますが、 昨日、日曜日には酒RUN倶楽部の練習にも行ってきました。 しかし、途中でリタイア。 帰ってきて靴下を脱いでびっくり、足の甲が腫れてました・・ (写真なし!)でも明日から走りますよ!知人からは、疲労骨折かもしれないから、”病院へ行こう!”と言われましたが、行きません! そこまで痛まないのと、今朝はもう痛みが治まってきたし、 病院に行く時間もないし、 それにもし本当に折れていたら、ギブスとかされて走れなくなるじゃないですか! 本題です!なんで(ほぼ)毎日走ってるの?これはですね、習慣にしているんです。(PMA的に言うとね) 自分はどんなに体調がよろしくない時でも、雨がやばい感じで降っていても、 走ります!(周りの方はあいつやべ〜とか実は思っているかもしれないですね・・)これは習慣化しているんです! (二回目笑)ただ上記の様に内的、外的要因で走るコンディションが良くない時は、 走る長さ(=時間)を極端に短くします。 習慣化PMAの本とかを読んだ人ならピンと来るはずですね! 習慣化することが、体得(成功)するために大変重要なんです。(何を偉そーにって言わないで!笑) どうして情熱だけではダメなの? 情熱は読んで字のごとく、熱なんです! 熱し易く冷め易い。 習慣化しないと、直ぐに無くなってしまいます。 (もちろん、情熱も大切ですよ!始まりはやはり全身から燃え上がるような情熱を持って!)これは何にでも応用できる!   自分のYouTubeのチャンネルでよくいただく質問のひとつは、”語学の勉強”についてです!   習慣化の法則は語学のベンキョにも応用できます! これはですね・・ただただ、毎日やるんです!笑(てか、ぶちゃけ、最初は勉強法はそこまで重要ではないと考えています!やりだしてから微調整をすればいいだけなので!) ていうのは自分は今英語、フランス語、ポーランド語、日本語、を使ってYouTubeチャンネルを運営しているんですが、 それぞれ言語や、自分のレベルによって勉強の仕方も変えましたし、 実はそれ以外の言葉も勉強しています! (これについてはいつか公開しますね!) とりあえず始めてみましょう!もう明日から毎日勉強してみましょう。 気分が乗らない日は30分で切り上げてもいいと思います。 3ヶ月経って自分の上達に驚くはずですよ! こちらの記事もどうぞ! -->http://iyutachannel.com/2016/09/28/42km%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%EF%BC%9F-how-i-spent-42km/ -->http://iyutachannel.com/2016/09/27/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AF%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%87%BA%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81i-ran-warsaw-marathon/

編集が遅いのか・・

数日前ですね、同じ感じで書き出して記事を書きました。 ”天気がおかしい”。 てか、自分の感覚がおかしいのか。最近すごく寒くなりましたね。さて、YouTubeで動画を公開し始めて、早9ヶ月! あっという間でしたね。今でも編集は楽しいので、時間を忘れてぽちぽちやっていますが、最近気づいたことがあります。 自分は編集が遅い!  ”いや、気づくのおせーよ”って言われそうですね(笑) 何せそういう勉強も大して受けずに始めたので、最初の頃は今よりもっと大変でしたね。 現在は撮っている段階から編集のこととか考えるので、作業に入ってからも”前よりは”スムーズです。ただですよ、YouTube(iYuta Channel)で公開した動画が70近くなり、今はストックもたくさんあります。 つまり撮ったけど、公開を待っている素材、または動画がたくさんあるって状態です。一緒に撮影した方や、撮影に協力していただいた方からは、”いつでんの?”みたいなメール結構よく来ます。 (すいません、できるだけ早く出します。。。) 基本編集-->公開まで1~2週間ですが、もちろんそれ以上になることも多々あります。皆さん何か編集が早くなる秘訣みたいなのがありましたら、教えてくださいね! 

フランス人って・・・?

 チャールズ•ダーウィンが残した言葉に「生き残るのは、最も強い生き物でも最も賢い生き物でもなく、変化に適応できた生き物」というのがある。もしあなたが海外に住んだ経験があるならば、この言葉に共感出来るのではないでしょうか。     我々、日本人にとって幸か不幸か日本語は日本国内でしか通用しない。したがって、異国ではその土地の言葉を話さなければならない。アメリカでは英語、ポーランドではポーランド語、フランスではフランス語だ。*1    税関を通過する時、パンを買う時、怪我をして病院に行く時、道端の糞を踏んでしまって悔しくて叫びたい時、あなたはその国の言葉を話さなければならない。 しかし異文化に馴染むためには言葉だけでは不十分。その国の人に出会い、彼らの文化、思考、彼らが何を好み、何を嫌うかを知らなければならない。 じゃあ、フランス人は何を嫌うか。彼らはすべてが嫌いだ。(かなり挑戦的ですね・・笑)フランス的でない事、フランス的な事、フランス語を話さない外国人、フランス語を話す外国人、パリジャン、ノンパリジャン、etc。    表と裏の両面を嫌うフランス人の特質は、一見、理解不可能の様に思える。しかしこの二面性こそフランス人を理解する上で欠かせない。    例えば、フランスの食文化を見てみると、他国と比べて(日本と比べるとそんなに”多様”じゃないのかも・・?)多様だ。彼らは食に対して誇りを持ち、時間をかけ、給仕される事を好み、食べる事を楽しむ。フランス人にとって食事は生活する上で欠かせない”イベント”なのである。*2    一方で、彼らはファーストフードに対して過剰な反応を見せる。(フランスのマクドナルドの込み具合いを見れば分かる)。マクドナルドに行き、列を作り、ハンバーガーを買う。フランスの食文化からかけ離れたアメリカ式のレストラン。自分の周りの人には、そこで食事しているとは思われたくないレストラン。*3 でも、マクドですらフランス人にとって一大イベントのようだ。     フランス人を理解する。それはもちろん簡単ではない。遥か昔から多くの外国人が挑んできた壮大な夢(笑)。 我々が追えば逃げ、去ると追いかけてくる。そんなフランス人の性格は外国人にとっては苛立たしいが、実は等のフランス人ですら理解できないほど、多岐に及んでいる。我々、日本人がフランス人を目の前にした時、彼らのこの二面性を許容しつつ、直球ではなく、少し回りくどく、仮定法をよく使って接すると彼らの意外な一面を見る事が出来るであろう。  *1極論から言えばそうではないのかもしれない。どこの国にもジャパニーズコミュニティーは存在する。*2 なぜフランス軍が弱いかと言うジョークがある。それは彼らが敵地に赴く時大量の食料を持参しなければならず、それに加えて食事が長いから。*3 だからフランスのマクドナルドは最上階が一番込んでいる。これマジで(笑)

Japanese culture through French goggles

What do we Japanese people think of France? French baguette, wine, foie gras, French kiss, the Eiffel tower, Napoleon, Montesquieu, Guillotine, etc.  As you can see, most...