フランス文化

 チャールズ•ダーウィンが残した言葉に「生き残るのは、最も強い生き物でも最も賢い生き物でもなく、変化に適応できた生き物」というのがある。もしあなたが海外に住んだ経験があるならば、この言葉に共感出来るのではないでしょうか。

 

 

 我々、日本人にとって幸か不幸か日本語は日本国内でしか通用しない。したがって、異国ではその土地の言葉を話さなければならない。アメリカでは英語、ポーランドではポーランド語、フランスではフランス語だ。*1 

 

 税関を通過する時、パンを買う時、怪我をして病院に行く時、道端の糞を踏んでしまって悔しくて叫びたい時、あなたはその国の言葉を話さなければならない。

 しかし異文化に馴染むためには言葉だけでは不十分。その国の人に出会い、彼らの文化、思考、彼らが何を好み、何を嫌うかを知らなければならない。

 じゃあ、フランス人は何を嫌うか。

彼らはすべてが嫌いだ。(かなり挑戦的ですね・・笑)フランス的でない事、フランス的な事、フランス語を話さない外国人、フランス語を話す外国人、パリジャン、ノンパリジャン、etc

 

 

表と裏の両面を嫌うフランス人の特質は、一見、理解不可能の様に思える。しかしこの二面性こそフランス人を理解する上で欠かせない。

 

 例えば、フランスの食文化を見てみると、他国と比べて(日本と比べるとそんなに”多様”じゃないのかも・・?)多様だ。彼らは食に対して誇りを持ち、時間をかけ、給仕される事を好み、食べる事を楽しむ。フランス人にとって食事は生活する上で欠かせない”イベント”なのである。*2

 

 一方で、彼らはファーストフードに対して過剰な反応を見せる。(フランスのマクドナルドの込み具合いを見れば分かる)。マクドナルドに行き、列を作り、ハンバーガーを買う。フランスの食文化からかけ離れたアメリカ式のレストラン。自分の周りの人には、そこで食事しているとは思われたくないレストラン。*3

でも、マクドですらフランス人にとって一大イベントのようだ。

 

 

 フランス人を理解する。それはもちろん簡単ではない。遥か昔から多くの外国人が挑んできた壮大な夢(笑)。
我々が追えば逃げ、去ると追いかけてくる。そんなフランス人の性格は外国人にとっては苛立たしいが、実は等のフランス人ですら理解できないほど、多岐に及んでいる。我々、日本人がフランス人を目の前にした時、彼らのこの二面性を許容しつつ、直球ではなく、少し回りくどく、仮定法をよく使って接すると彼らの意外な一面を見る事が出来るであろう。

 

1極論から言えばそうではないのかもしれない。どこの国にもジャパニーズコミュニティーは存在する。

2 なぜフランス軍が弱いかと言うジョークがある。それは彼らが敵地に赴く時大量の食料を持参しなければならず、それに加えて食事が長いから。

3 だからフランスのマクドナルドは最上階が一番込んでいる。これマジで(笑)

 もう4~5年も前の話です。僕が初めて国境を車で超えたときの話友人が車でパリからオランダまで行くと言うので同乗させてもらった。3日間でベルギーのアントワープを含め、ロッテルダム、アムステルダムを観光し、そこで色々な発見をする事が出来た。

 自分を含めパリからやって来た4人はドイツ語、オランダ語、フラマン語をしゃべれないので現地の人との会話は英語になる。驚いたのはベルギー人とオランダ人の英語力だ。レストランやカフェはもちろんの事、道で出会う人もとても分かりやすい英語を話す。

 同行した友人は顔の広い人で今回の旅行は彼女の知り合いに会いに行く旅だったが、僕にとって、それはその土地に住む若く有能な現地人、外国人と知り合う貴重な体験だった。彼らは英語をそれなりに時間をかけて習得し、行使し議論する事に一種のプライドを持っている様だった。だからとても建設的で身のある会話をする事が出来た。*

 ベルギー、特にオランダで気づいたことは、停止線の前できれいに停まる車、信号は青になるまで待っている歩行者。(フランスではこうは行かない)清潔でランニング•フレンドリーな道。ここは中国か?!と思わず突っ込みを入れたくなるチャリンコ集団、道を歩いていると鼻をさす”あの香り”。小さな事かもしれないが、これら全てに国境を越えた事を実感する事が出来た。

IMG_0698 それでもやはり3日はあっという間に過ぎてしまった。往路で少し疲れていたので車内で寝てしまい、燃料補給によったスーパー件ガソリンスタンドで”いったい今どこの国にいるんだろう”と思った。フランス、ベルギー、オランダの国境は形式上は存在しているけど、そこには警備隊や税関等は存在しないし、パスポートを見せる必要もない。

 

2度の世界大戦の舞台になったヨーロッパはEUとして試行錯誤しながらも1つに枠を組んだ。(組んでいる?組みつつある?これからどうなるかは別として・・・)

昨日、フランスのニースでテロがあった。僕にとってフランスで起こるテロは他人事ではない。今のところ、知人でテロに巻き込まれた人はいない。(亡くなった方の、ご冥福をお祈りします。)

 さて、日本に眼を向けてみよう。

今どうなんだろう。特に領土問題

隣国と手を取り合うどころではないのでしょうか。

 

しかし国際化が進み世界の国境は相対的に低くなる昨今、歴史観やナショナリズムのみの感情論ではなく、健全なコミュニケーションを通して他国との関係を築く事は急務ではないだろうか。

 もちろん、僕は日本人だから日本の領土が奪われる事に憤りを覚えるし、自国の領土は自分で守りたい。(両方うまくは行かないのかなぁ・・)

 

 

 そこで僕の得意技、必殺 ”問題提起”。今一度、未来について、みんなで考えてみませんか?

 

 

 *1よく会話はキャッチボールだと言うけれど、フランス人の会話は”玉入れ”のようだ。制限時間以内にどれだけ玉を入れれるか。ただそれだけだ。我々が彼らにキャチボールを求めてボールを投げても、まともには帰ってこない。”返球”それはフランスではごくごく少数の人のみが習得することができる。端から見れば些細な事かもしれないが、とても大事な事。

What do we Japanese people think of France?

French baguette, wine, foie gras, French kiss, the Eiffel tower, Napoleon,

Montesquieu, Guillotine, etc.

 

As you can see, most words that pop into our head are related to food or history.

The average Japanese person doesn’t know much about French politics, economy,

or culture, nor do we think we really need to know. Does it really matter?

In the Japanese mentality, France is a very remote concern since it is very far away geographically.

 

 

Surprisingly, when you get to France you realize that French people care and know a whole lot about Japan and Japanese culture. Almost all young people under 35 can name the 4 Japanese islands(of course their pronunciation of all foreign words can be mind-boggling). Moreover, they have a general idea of where Tokyo and Kyoto are(they’ve also heard of another big Japanese city, Sapporo, which unfortunately they think is only a beer company). In addition to this, I’ve never met any French person who had never tried Sushi. *1

After 5pm, most French people unwind by reading manga. Some of the most popular Japanese shows among the French are Takeshi’s Castle and Iron Chef.

 

It’s very important to highlight the fact that the French people I’m talking about are not necessarily the ones who attend Japan Expo or go to Manga cafes, but your average French person who has never gone to Japan and has never met Japanese people.

Since Japanese culture has been and continues to be very popular among the French, you can’t help noticing very many similarities between us and the French who have taken to the Japanese way.

 

For instance, just like us they are very handy when using chopsticks, when watching Final Fantasy 7 they cry when Aeris dies, they grow up with One Piece(or Dragon Ball Z), they recycle, they wear condoms, and they think they work too much(actually, they go out of their way to work less and always love to go on strike when they feel like it).

Obviously, there are many other Japanese elements that can be found in current French society, as well as many bizarre French things it would take a lifetime to understand.

 

To sum up, France today has become Japanese friendly to such an extent that Japanese culture is proving to be a key element in understanding and deciphering French contemporary culture.

 

*1 when discussing what type of food to eat the French say about eating Japanese food.”On mange japonais.”

 我々日本人フランスと聞くと何を思い浮かべますか?

フランスパン、赤ワイン、フォアグラ、フレンチキス、エッフェル塔、ナポレオン、モンテスキュー、ギロチン、etc.

ほとんどがフランス料理や歴史で学んだ言葉ではないでしょうか。

 フランスの政治、経済、フランス人の国民性、そして

フランス文化について知っていそうで、知らない事が多いような気がする。

もしくは知る必要がないと大多数の人は考えるであろう。

日本人にとってフランスはまだ遠い国なのかもしれない・・・

 

 フランスで暮らしてみると分かるんですが、フランス人は日本の事をよーく知っている。

大体35歳以下のフランス人は日本列島の名前を言えるし(発音出来るかは別として)、

東京や京都がどこか知っている。(札幌はどうやらビール会社だと思っているらしい)

そして、僕は未だかつて寿司を食べた事がないと言う人に会った事がない。*1

アフター5はマンガを読んだり、Takeshi’s Castle (風雲たけし城)

Iron Chef (料理の鉄人)をエンジョイする。

 そしてこれらはパリのJapan Expoやマンガ喫茶にいるフランス人ではなく、

日本に行った事もなければ、日本人に会った事もない、

ごくごくフツーのフランス人達であ〜る。

(フランス人の女の子に、

パリ症候群について聞かれ、驚きました。)* 2

 このように日本文化を若いうちに吸収してきたフランス人は、

我々日本人と同様に箸で食し、エアリスの死に涙し、

ワンピースで(もしくはドラゴンボールで)大人になり、

リサイクルに気を配り、コンドームでしっかり避妊し、*3

そして自分たちは働き過ぎだと嘆いている。IMG_1519

 もちろんここには書ききれない事が多々ありますが、

そして、お互い相容れない事もあるのだけれども、

フランス人を理解するうえで、日本文化は欠かせない物になりつつあると思います。

ジャパンカルチャーは海を越え、フランスに確かに根付いています。

 

*1 フランス人は話し言葉で日本料理を食べるとき”Manger japonais.”と言う。

直訳すると、”日本人を食べる”である。

例えば”Ce midi, on mange japonais ? ” ”今日のお昼は日本人にしない?”

*2 パリ症候群ーパリではほとんどの場合、日本人女性をさす。

そして被害を被るのは往々にしてパリのホテル。

ウィキペディアサイト参照: http://ja.wikipedia.org/wiki/パリ症候群

*3 つい最近までほとんどの女性は避妊していたが、どうやら時代は変わったらしい・・

動画は記事とはあまり関係ないかもしれないですが、”フランス人の考える日本です”。