自由とは???

皆さんこんにちは、

世界を旅するコンテンツ提供者、Yutaですw

進撃の巨人の第90話はいろんな意味で衝撃でした。
(まだ読んでいな方へ、ネタバレありますから。退散するのは今の内です。アイキャッチはAOTアニメのシーズン2のPVです。)
まず時間がこの1話だけで1年進むという連載始まって以来のワープ具合。
の間にウォールマリアの奪還からみんな(調査兵団)が

海を見る

というこの世界では象徴的なことを達成。

さらに壁内の巨人ほぼ掃討するという快挙。

ただ自分的に一番衝撃だったのは一年経ち、ますます大人になったエレンが放ったの言。

 

 

 

”壁の向こうには海があって、海の向こうには自由がある

ずっとそう信じていた でも違った・・海の向こうにいるのは敵だ。

何もかも親父の記憶で見たものと同じなんだ・・

なぁ、向こうにいる敵・・全部殺せば俺たち・・・

自由になれるのか?”

 

 

(進撃の巨人を知らない人にはこのフレーズってどういう風に映るんですか?www
教えて欲しいですw)

もうねこの文の意味深すぎて、いろいろな事考えさせられます。

もちろんこれは”エレンが言う自由”なので彼の考える”自由”を定義する必要があると思いますが、
彼が言う自由もエレンが大人になるにつれて意味合いがもしかして違ってきているのかなぁ。。とも思ってしましましたね。

子供の時の彼は壁の向こうに行って見ると言う単純な好奇心から出発していたと思いますが、
(”この壁の外のずっと遠くには…炎の水や、氷の大地、砂の雪原が広がっている。”発言に代表されるようにね。)

で、

21世紀の現代に生きる我々はある種の”自由”を享受している。
(少なくともこの進撃の巨人の世界観よりは。言論の自由はあるし、好きな場所へ行けるし、記憶も消されたことはない。上記のことは”ある程度”はね。)

自由が叫ばれてからもうかなりたつし、今は個人個人自由の定義もバラバラなはず。

自由ってものが何かもわかって生きている人も多いだろうし、

そして時に”自由”と言うイデオロギーもあることを知ってしまった。

言葉はかっこいいですが、自由というのも人それぞれ定義が違うんだな、ということを改めて考えさせられましたね。

海外に行くのも自由、外国語を学ぶ自由、選択をする自由、ナンパをする自由、

伝わり方も人それぞれですがね。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

YouTubeの動画もよろしくお願いします。

Yuta