我々日本人フランスと聞くと何を思い浮かべますか?

フランスパン、赤ワイン、フォアグラ、フレンチキス、エッフェル塔、ナポレオン、モンテスキュー、ギロチン、etc.

ほとんどがフランス料理や歴史で学んだ言葉ではないでしょうか。

 フランスの政治、経済、フランス人の国民性、そして

フランス文化について知っていそうで、知らない事が多いような気がする。

もしくは知る必要がないと大多数の人は考えるであろう。

日本人にとってフランスはまだ遠い国なのかもしれない・・・

 

 フランスで暮らしてみると分かるんですが、フランス人は日本の事をよーく知っている。

大体35歳以下のフランス人は日本列島の名前を言えるし(発音出来るかは別として)、

東京や京都がどこか知っている。(札幌はどうやらビール会社だと思っているらしい)

そして、僕は未だかつて寿司を食べた事がないと言う人に会った事がない。*1

アフター5はマンガを読んだり、Takeshi’s Castle (風雲たけし城)

Iron Chef (料理の鉄人)をエンジョイする。

 そしてこれらはパリのJapan Expoやマンガ喫茶にいるフランス人ではなく、

日本に行った事もなければ、日本人に会った事もない、

ごくごくフツーのフランス人達であ〜る。

(フランス人の女の子に、

パリ症候群について聞かれ、驚きました。)* 2

 このように日本文化を若いうちに吸収してきたフランス人は、

我々日本人と同様に箸で食し、エアリスの死に涙し、

ワンピースで(もしくはドラゴンボールで)大人になり、

リサイクルに気を配り、コンドームでしっかり避妊し、*3

そして自分たちは働き過ぎだと嘆いている。IMG_1519

 もちろんここには書ききれない事が多々ありますが、

そして、お互い相容れない事もあるのだけれども、

フランス人を理解するうえで、日本文化は欠かせない物になりつつあると思います。

ジャパンカルチャーは海を越え、フランスに確かに根付いています。

 

*1 フランス人は話し言葉で日本料理を食べるとき”Manger japonais.”と言う。

直訳すると、”日本人を食べる”である。

例えば”Ce midi, on mange japonais ? ” ”今日のお昼は日本人にしない?”

*2 パリ症候群ーパリではほとんどの場合、日本人女性をさす。

そして被害を被るのは往々にしてパリのホテル。

ウィキペディアサイト参照: http://ja.wikipedia.org/wiki/パリ症候群

*3 つい最近までほとんどの女性は避妊していたが、どうやら時代は変わったらしい・・

動画は記事とはあまり関係ないかもしれないですが、”フランス人の考える日本です”。